煮干しの一押しVOCALOID曲

VOCALOIDの話題や気になった事を書こうと思います

今は成り行きに任せて君の歌に狂いたいVOCALOID曲

こんにちは こんばんは 煮干しです

 

 イギリスのウィンザー朝第四代女王・エリザベス二世が崩御の一報は、世界中に衝撃をもたらしましたね。ロイヤルブルーの服をそつなく着こなしてオシャレな帽子を着たそのお姿をニュースなどのメディアでお見掛けすると何故か心が和みましたよ。多感なお年頃に第二次世界大戦を経験して大変ご苦労なされ、その経験から特に世界平和に尽力し数々の素晴らしい功績を残されたエリザベス女王陛下には安らかに眠られますようにお祈りいたします。それでは269曲目の紹介をしたいと思います。

 

 

 今回ご紹介する曲は作詞作曲をr‐906さん、イラストをウエダツバさん、によるまにまにです。

 

 狂っている、基本は侮蔑の言葉ですがある種の人には最大の賛辞であり、何かに打ち込んでいる情熱の熱量の高さを指しいていたり、熱狂的な好意を指していたりする偏移(せんい)する言葉を本曲はテーマにして、百人一首の句と共に歌に狂おしい情熱を向けている君と僕の歪な関係を初音ミクさんが歌います。

 

 本曲の題名、まにまには成り行きに身を任せて行動をするという意味でして、個人的な解釈になりますが、僕と君の今後の関係について何も言わないで・・今は成り行きに身を任せて君の歌に狂っていたいからというメッセージが題名に込められていると自分は思いました。

 本曲、前半の間奏は狂おしいほど好きですねw溜める感じが弓を引いているイラストとマッチしていて弓を射る瞬間をまだか、まだかと動画を見入ってしましましたよ。

 

 本曲、まにまには君と僕、それぞれの情熱と執念を煽情的に表現した物語を曲にした素晴らしい曲だと思いますので是非!本動画を視聴して聴いみてみて下さい!

 

お借りしたMMD 

Tda様より

Tda初音ミクV4XVer1.00

 

ニコニコ大百科様より

初音ミク

weblio様より

まにまに